採用情報

社員の声/齋藤 豊


ある日のスケジュール

9:00
出社
KSAとTV会議(引き合いについての詳細確認や顧客訪問の結果について確認・打ち合わせ)
10:00
開発設計部へ図面依頼
12:00
昼食(弁当がメインですが、時々事務所近くの定食屋等で同僚と一緒に食事をとります)
13:00
開発設計部との新製品開発についてTV会議
15:00
部内ミーティング(現状報告並びに同僚からのアジアやヨーロッパ等の情報交換を行っています)
17:00
見積・社内資料作成、米国出張に向けての準備等
18:30
退社

現在の仕事の内容を教えてください。


当社の米国子会社である、KSA(KITZ SCT AMERICA CORPORATION)と工場(主に開発設計部)との、連携・渉外業務がメインになります。

具体的には、現地社員から顧客の要求情報についての報告を受け、これを生産・開発の現場に伝え、製品開発や生産手法に反映させます。日々、電話やTV会議を使用して、KSAまたは工場とコミュニケーションをとり、また、米国出張時には、直接顧客を訪問しプレゼンテーションや打ち合わせを行います。

当社を志望した理由は何でしょうか。

ずっと英語を使って仕事をしたいと考えており、現在のポジションに応募しました。業界・製品知識が無いことへの不安もありましたが、挑戦したい気持ちが勝っていました。

入社前と入社後で会社のイメージに変化はありましたか。

業界未経験の自分でも、責任のある仕事を任せてもらえることに驚き、また、やりがいにもつながっています。

仕事の魅力を教えてください。

KSAはカリフォルニア州のシリコンバレーにあり、当社の製品を販売しているメインの業界である半導体業界のメッカです。その為、最先端の技術研究が進んでおり、当社製品に対しても、これまで聞いたことがないような要求があります。これらは多くの場合、当社の新製品開発の基礎になりますので、とても最先端の技術に触れることができます。また、元々英語を使った仕事をしたかったこともあり、毎日現地営業との打ち合わせ、米国へ出張してプレゼンテーションをすることは、とてもやりがいを感じます。


休日の過ごし方を教えてください。

英語に興味を持ったきっかけでもある映画を観ることが多いですね。言葉は日々変化するので、映画から新しい表現を学ぶこともあります。現地従業員とのコミュニケーションや、お客様との何気ない会話のネタに使えることもしばしば。また、趣味のまちおこしの活動として、イベント企画・運営、動画撮影・編集などをすることもあります。