会社概要

沿革

1984-2000年

1984 7月 株式会社ベンカンにおいて半導体製造プロセス用バルブ(SCV)および継手(SCF)の研究開発を開始
1989 7月 製品の量産化のため、クリーンルームを備えたSC工場を建設
1992 9月 株式会社ベンカンの半導体部門子会社として、株式会社ベンカンユーシーティーを設立
1995 4月 高圧ガス認定を取得(N弁類、N-Ⅱ継手類)
1997 11月 ISO9001認証を取得
1998 10月 0.1μmクラス1のクリーンルームを新設
1999 1月 高圧ガス認定範囲を拡大(M管類、Z複合機器)

2001年-

2001 11月 (旧)ベンカングループより半導体関連事業を譲受け、株式会社キッツエスシーティーとしてスタート
  12月 米国販売拠点として、KITZ SCT AMERICA CORPORATIONを設立
2002 1月 台湾駐在員事務所を開設
2004 1月 中国生産拠点として北澤半導体閥門(昆山)有限公司を設立し、同年11月に生産開始
2007 3月 ISO14001認証を取得
2008 1月 環境RoHS指令対応製品の生産を開始
2013 4月 SC工場に太陽光パネルを設置
2017 6月 新田SC工場 B棟が竣工
2018 1月 北澤半導体閥門(昆山)有限公司 第一分工場が竣工
  3月 新田SC工場 B棟の拡張工事が完了

※製品については開発年表をご覧ください。